new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

Donald Judd『JUDD』

12,100 JPY

About shipping cost

SOLD OUT

アメリカ人アーティスト、ドナルド・ジャッド(Donald Judd)の作品集。2020年3月から2021年1月まで「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」で開催された、アメリカでは30年以上ぶりとなる回顧展に伴い刊行された。近代彫刻を大きく変えたその作品群と、用いた素材や視覚言語を包括的に探る。 1960年代当時、作者は幻想的かつ物語的、比喩的な表現を作品から除こうとした世代のアーティストの1人であった。「現実空間」を探究すべく、工業製品が作られるプロセスや材料だけでなく、作品を立体(三次元)的に形作ることにも目を向けた。 本書は1960年代初頭に制作された絵画作品、レリーフ、ハンドメイドのオブジェ作品から始まる。そこから、工業製品で用いられるような金属やプラスチックなどで作られたボックス、スタックなどの立体作品に移り、その作品群で表される、作者の象徴とも言える視覚言語を構築した時期を紹介。最後に作者が晩年の10年間に掘り下げた色と関わりについて触れ、その作品の変遷と発展を辿る。「ジャッド財団」などの協力によって新たに入手したアーカイブ資料や多くの図版を通じ、作者の功績に焦点を当てながら更なる学術的見解を広げることのできる1冊。 絵画を制作していた初期、彫刻、サイト・スペシフィックな作品、デザインや建築に関わる仕事など、キャリアを辿るさまざまなエッセイを掲載。編集は。「ニューヨーク近代美術館」の絵画・彫刻部門でチーフキュレーターを務めるアン・テムキン(Ann Temkin)が務める。 by Donald Judd

Sale Items