「海光之聲」CD/2冊裝
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

「海光之聲」CD/2冊裝

5,400 JPY

About shipping cost

5「海光之聲」CD/2冊裝 「海光之聲」是台灣音樂家盧葦在歐洲留學時指導教授Hofer親自為她錄下的巴哈大鍵琴作品。 教授 Hofer 為她指尖下所詮釋的「巴哈創意曲」深受感動,他形容專輯裡盧葦演奏的每一首音樂都像天使在耳邊唱歌,純淨,自然,閃著光芒卻又層次豐富。 盧葦的音樂不論創作或是演奏都可以感受到她與故鄉台東的海與山緊密的氛圍與生命力,那是來自對母土的認同與感謝,這一切讓盧葦的音樂在各種不同的土壤裡也能顯得與眾不同。 「海光之聲」整合了四個主題,音樂,攝影,散文,插畫,台灣設計師何佳興把這四個作品掌握的很細緻融和又有台灣在地語彙與文化高度,其中插畫部分請到日本極具人氣的插畫家中西直子老師共同參與,她歷經一年反覆聆聽的時間才將音樂帶給她的感受畫成一本可愛的「海光之聲」畫冊。 關於音樂家盧葦在每次演奏巴哈的旋律中總是不自覺的帶進故鄉大海的光與熱,這對很多喜歡巴洛克音樂的樂迷而言,這確實是一種嶄新又創新的體驗,值得大家收藏聆聽。 「海の光の音」CD/2巻セット "The Sound of Sea Light "は、台湾の音楽家であるルー・ウェイ自身が、ヨーロッパ留学中にホーファー教授の指導を受けて録音したバッハのチェンバロ作品集です。 ホーファー教授は、彼女の「バッハの創造物」の解釈に深い感銘を受け、アルバムに収録されているそれぞれの曲を、彼女の耳の中で歌う天使のように、純粋で、自然で、輝きがあり、豊かな層を持っていると表現しました。 彼女の音楽には、作曲、演奏ともに、生まれ育った台東の海や山との密接な関係が感じられ、生まれ育った土地への認識と感謝の気持ちからくる生命力が感じられます。 "The sound of sea light "は、音楽、写真、散文、イラストの4つのテーマを組み合わせたもので、台湾人デザイナーのホー・チャーヒンは、台湾のローカルな語彙と文化の高さを繊細にブレンドして、この4つの作品をマスターしました。 この音楽家のメロディーは、バッハのすべての演奏において、常に彼の故郷である海の光と熱をもたらします。