Buck Ellison『LIVING TRUST』
new
5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326 5fa79ef672eb466f89e58326

Buck Ellison『LIVING TRUST』

7,480 JPY

About shipping cost

アメリカ人アーティスト、バック・エリソン(Buck Ellison)の初作品集。作者は幅広い特権階級の言語について考察すべく、しばしば演出を施した情景や写真の視覚的言語に対する行為遂行的な介入を用い、細部まで綿密にイメージを作り込んでいく。有機野菜にウェルネスセラピー、高機能スポーツウェア、ラクロスにボート、クリスマスカード用の家族のポートレートなど、作者が描くイメージの多くは、裕福な上位中産階級(アッパーミドルクラス)に当てはまる白人家庭の趣味趣向をさりげなく再現しているようにも見える。しかしその内側には、白人であるということとその特権がどのように維持され、広められているかについての多角的で深い問いが網の目のように張り巡らされている。白人らしさは身に着けるものや車に貼ってあるステッカーにも現れるのか。どのような健康問題について、または自分の吸う空気の質について悩むことが許されているのか。作者の問いは尽きることがない。本書に収録されているイメージの多くは、慎重に構成されたシナリオというレシピに沿って、写真というものがどのようにしてこれらの差別を永続させているのか探求している。作者に雇われたモデルや役者は、コマーシャルや広告で何度も見かけるような典型的な白人に扮している。いくつもの写真のルールの境界線を打ち壊すことによって、富裕層の習性に対するフェティシズムや拒絶を越え、より流動的で複雑な本質を表現している。多様な写真のスタイルを用いて、様々な連想を散りばめ作られた本作は、正当性と幸福の探求が美化され、内面化され、商品化されている国、ワスプ(W.A.S.P. / ※註)が支配するアメリカの人類学ともいえる。 ※註 ホワイト・アングロ-サクソン・プロテスタント(英語: White Anglo-Saxon Protestant)」の頭文字をとった略称 Living Trust, the first monograph by American artist Buck Ellison. LA-based Ellison’s work broadly investigates the language of privilege through meticulously researched images, often executed through staged settings and performative interventions into the visual language of photography. On the surface, many of Ellison's images appear to mildly reproduce the habits and tastes of comfortable, white, upper-middle-class families: organic vegetables, wellness therapies, performance sportswear, lacrosse & rowing, family Christmas card portraits. However, lurking beneath this is a deep network of enquiry into how whiteness and privilege are sustained and broadcast, whether it is what you put in your body, the bumper sticker on your car, which health problems you can afford to worry about or the quality of the air you breathe. Many images in Living Trust use a recipe of carefully constructed scenarios to question how photography perpetuates these distinctions. Ellison pays actors and models throughout his work to stand in and take on the appearance of generic characters, at times reminiscent of commercial or advertising tropes. In this breaking down of boundaries between different rules of photography, Ellison’s work goes beyond a fetishism or repudiation of wealthy habits, in favour of something more ambivalent and uncomfortable. Through webs of association stretching across various photographic styles, Living Trust is an anthropology of W.A.S.P. America – where the quest for authenticity and well-being is aestheticised, internalised and commodified.