大林直行『おひか』
5f505b913475ed5c4167a284 5f505b913475ed5c4167a284 5f505b913475ed5c4167a284 5f505b913475ed5c4167a284 5f505b913475ed5c4167a284 5f505b913475ed5c4167a284 5f505b913475ed5c4167a284

大林直行『おひか』

2,750 JPY

About shipping cost

 コロナ 禍を経て写真家が『おひか』という一人の女性の姿に、いまの時代を生きる自分自身を投影したという本作。 先の見えない閉塞感や、漠然とした未来への不安を抱えた同氏が、彼女の姿を捉えることで感じた自身の存在と、撮影という行為の意義。 作品には、何かを探し彷徨いながらも、ふと遠く、まっすぐと一点を見つめる彼女の瞳に映る景色、そして同氏がレンズを通して見る世界が精巧に写し出されています。 アンダー気味のトーンの中 光に照らされ、混沌のなかうつる女性の姿に美しさ、そして儚さを感じつつ先を見つめる明るさを感じます。 写真集の質感がものすごく上品でなんだか和菓子屋さんにいるみたいな感覚。 写真集の編集 デザインは、Studio journal knockの西山勲氏です。