山尾三省『新版 野の道  宮沢賢治という夢を歩く』
5c56ba946870247ecd1add8a

山尾三省『新版 野の道  宮沢賢治という夢を歩く』

¥2,160 税込

送料についてはこちら

著者:山尾三省 解説:今福龍太 発行:野草社 発売:新泉社 発売:2018年12月21日 判型:四六判 縦189mm 横130mm 厚さ21mm ページ: 272ページ ーーーーー 宮沢賢治とは、人間としての限界を背負いつつ人の幸福をめぐる究極のヴィジョンに寄り添おうとする、永遠の「夢」のことでもあるのです。三省はこの夢を信じていました。 ――解説・今福龍太「土遊び、風遊び、星遊び」より 太陽があり土がある。水があり森がある。風が流れている。大きそうな幸福と小さそうな幸福とを比較して、それが同じ幸福であるからには小さな幸福を肯しとする、慎ましい意識がここにはある。 ――本書より 詩人・山尾三省は、愛する宮沢賢治の著作を読み続けた。そして賢治が歩いた夢の道を、自らが歩む夢の道に重ねながら思索し、エッセイを書きはじめる。 キンポウゲの花、乳山羊、夏の雨、梅の実や野菜、青春時代の思い出、畑で出会う百姓や鳥や虫たち。何気ない日常の景色を入り口にして、宮沢賢治の作品と人生をひとり旅する。 「読めば深く深く楽しい」。世界との一体感を尋ねて野の道を歩き、文学を読む幸福が、詩人から私たちへと贈られる。(発行=野草社) 【目次】 呼 応 真木悠介 きれいにすきとおった風  マグノリアの木  腐植質中の無機成分の植物に対する価値  祀られざるも神には神の身土がある  ぎちぎちと鳴る汚い掌  野の師父  玄米四合  み祭り三日  野の道  あとがき 土遊び、風遊び、星遊び 今福龍太 【著者プロフィール】 山尾三省 (ヤマオサンセイ) 1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73~74年、インド・ネパールの聖地を1年間巡礼。75年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続ける。2001年8月28日、逝去。 著書『聖老人』『アニミズムという希望』『リグ・ヴェーダの智慧』『南の光のなかで』『原郷への道』『インド巡礼日記』『ネパール巡礼日記』『ここで暮らす楽しみ』『森羅万象の中へ』『狭い道』『野の道』(以上、野草社)、『法華経の森を歩く』『日月燈明如来の贈りもの』(以上、水書坊)、『ジョーがくれた石』『カミを詠んだ一茶の俳句』(以上、地湧社)ほか。 詩集『びろう葉帽子の下で』『祈り』『火を焚きなさい』(以上、野草社)、『新月』『三光鳥』『親和力』(以上、くだかけ社)、『森の家から』(草光舎)、『南無不可思議光仏』(オフィス21)ほか。