加藤 直徳『ATLANTIS zine 06』
5b07ad7e5f78664156001479 5b07ad7e5f78664156001479 5b07ad7e5f78664156001479 5b07ad7e5f78664156001479 5b07ad7e5f78664156001479 5b07ad7e5f78664156001479

加藤 直徳『ATLANTIS zine 06』

¥1,620 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

編集・執筆:加藤直徳(PLANCTON) 出版社:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS 編集制作:PLANCTON 発行日:2018年5月26日 サイズ:A4変形(w210mm×h280mm) ページ数:72P アートディレクション:尾原史和(SOUP DESIGN) ----------------------------------------------------------- 雑誌『NEUTRAL』、『TRANSIT』の元編集長であり、現在はデザイン会社SOUP DESIGNの出版レーベルPLANCTONで編集長を務める加藤直徳さんが立ち上げる新雑誌『ATLANTIS』。本誌は、その創刊までを追ったzineです。 ----------------------------------------------------------- 2017年6月に始動した『ATLANTIS zine』プロジェクトが、ついに完結! 編集者の加藤直徳さんが創刊する雑誌『ATLANTIS』ができるまでの過程を、01号から追い続けてきた同プロジェクト。タイトル、コンセプト、特集、コンテンツ、台割、レイアウト……と、一歩一歩着実に、雑誌を編み続けてきました。そして最後に決めるは、まさに雑誌の顔である「表紙」。『ATLANTIS zine』の誌面で、編集長とアートディレクターが熱い議論を交わします。 特別企画では、京都で書店『誠光社』を営む堀部篤史さんと、出版社「ミシマ社」の代表・三島邦弘さんの元を訪ね、書店で売るための極意を学ぶことに。普段なかなか知ることのできない、出版流通と販売の裏側が赤裸々に語られます。 連載企画も最終回を迎えます。加藤さんがこれまでに出会ってきた「師」を訪ねる「僕の好きなセンセイ」のゲストは、ロックバンド「くるり」の岸田繁さん。雑誌編集長へのインタビュー企画「編集長に会いにゆく」には、いまなお根強いファンがいる伝説のカルチャー誌『relax』の編集長だった岡本仁さんと、2017年1月まで『&Premium』のエグゼクティブディレクターを務めた柴田隆寛さんが登場します。3人からそれぞれ加藤さんに、どんなメッセージが贈られるのでしょうか? (刊行元紹介文より) ----------------------------------------------------------- 『ATLANTIS zine』06号 ■ 発売日:2018年5月26日(土) ■ コンテンツ: – 特集「表紙と覚悟を決める」 表紙アイデア集 尾原史和×加藤直徳 – 僕の好きなセンセイ#6 岸田繁(ミュージシャン) – 編集長に会いにゆく#6 岡本仁&柴田隆寛 – 印刷工場を見学する〜八紘美術 – ATLANTISの売り方〜そうだ京都の2人に聞きにいこう 堀部篤史&三島邦弘 and more… ■ サイズ:A4変形(w210mm×h280mm) ■ ページ数:72P ■ 定価:1,500円+税 ■ 編集・執筆:加藤直徳(BOOTLEG) ■ アートディレクション:尾原史和(BOOTLEG) ■ 編集制作:BOOTLEG ■ 発行:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS, LLC