【サイン本】志賀理江子 写真集『Blind Date』(ブラインドデート)
5ac1eb705496ff09cc00003c 5ac1eb705496ff09cc00003c

【サイン本】志賀理江子 写真集『Blind Date』(ブラインドデート)

¥8,640 税込

送料についてはこちら

著者:志賀理江子 発行者;松本知己 発行所;T&M Projects 発行日:2017年6月10日初版発行 サイズ:縦25.7cm、横35.4cm、高さ1.5cm ページ数:100頁 デザイン:森 大志郎 ※全ページ袋とじ・並製本 (特製函入) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【商品について】 2009年にタイのバンコクで、バイクの二人乗りで疾走する恋人たちを撮影した。 志賀はバイクが行き交う街中で、バイクの後部座席に座っている人たち 、何百何千人と眼差しを交わした。その不思議な見つめ合いの感覚に素手で触れぬまま近づくことのできる最適な道具が志賀にとってはカメラだった。 見知らぬ他者と視線を交わし続ける、目と目が触れることは、志賀の身体に潜む生物としての勘を取り戻すようだった。そして性的などこかに触れるようだった。 「目」はどこまで私たちを支配しているのだろうか。 "目が見えぬ、らしいのです。 それは私の知らない前世に関係するでしょうか。 本当のことを知りたくて、大学に行き、世界中の様々な宗教について学びました。 それらは生死について実に様々なことを述べています。でも、その全てに違和感を感じました。 私には当てはまらない気がするのです。" ー テキスト「ブラインドデート」より 出版社説明文より ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【作家プロフィール】 志賀理江子 / Lieko Shiga 1980 年、愛知生まれ。宮城在住。『Lilly』はロンドン在住時に公営団地の住民にカメラを向け、そのプリントをさらに撮影した作品で構成されたシ リーズ。『CANARY』は、仙台、オーストラリア、シンガポールで住民たちに取材し、導き出された「地図」をもとに、意図や作為を越えた何かをも捕獲し ながら撮影していくフィールドワーク的試み。写真集『Lilly』『CANARY』の2冊で、2008年度木村伊兵衛賞を受賞。2009年にNY ICPインフィニティアワード新人賞を獲得している。2010年には『カナリア門』を出版。 2012年、第28回東川賞新人作家賞受賞。2012年11月から2013年1月にかけて、展覧会「螺旋海岸」を開催。また、展示にあわせ、テキスト集 『螺旋海岸 | notebook』、写真集『螺旋海岸 | album』を刊行。 HP : http://www.liekoshiga.com/