志賀理江子 『螺旋海岸』
5ac1e9045496ff6c5e000142 5ac1e9045496ff6c5e000142

志賀理江子 『螺旋海岸』

¥8,640 税込

送料についてはこちら

著者:志賀理江子 出版社:赤々舎 発行日:2013/3/28 判型:上製 サイズ:257 × 364 mm ページ数:280頁 アートディレクション:森大志郎 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【商品について】 280ページに及ぶ、5年ぶりの新作写真集。 土地に根差し、全身全霊で感受したカオスが立ち現れる。 写真家 志賀理江子が宮城県を訪れてから6年が経過しました。 展覧会「螺旋海岸」は、自らの生活環境や経験と写真表現を一体にしようと探求してきた志賀の現時点での成果を提示するものです。1980年生まれの志賀は、快適に 整えられ自動化された日々の生活と社会に身体的な違和感を感じるところから表現を始めました。国内外で活動しながら、2006年の当館の企画展参加を契機に初めて宮城県を訪れました。その後も志賀は、密接な土地との関係を求めて何度も東北に戻ってきました。そして、太平洋に面した北釜(※)の松林と出会っ たのです。 志賀は北釜で暮らしながら、地域のカメラマンとして祭りなどの公式行事を記録し、オーラルヒストリー(口述史)の作成を行いました。それらの経験は作品制 作に大きく影響していきます。志賀は写真が自らの身体とかけ離れないように、北釜の空気をいっぱいまで吸い込み、静かに長く吐き出すようにして一つずつの 作品を制作してきました。それは、北釜の固有性や独自性を観念的に表すことではなく、北釜の土地と関係した身体の痕跡を写し出そうとすることでした。ですから、その作品には北釜を物語る作者の回答ではなく、写真というメディアとは何か、土地とともにある暮らしと表現とは何かについて、志賀が自問し追求してきた大きな問いそのものが現れています。それらは多くの困難を抱えながらある現在の私たちの社会に切実な声として届くことでしょう。 (※)北釜 宮城県名取市下増田字屋敷の呼称 ーーー展覧会「螺旋海岸」ホームページより ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【作家プロフィール】 志賀理江子 / Lieko Shiga 1980 年、愛知生まれ。宮城在住。『Lilly』はロンドン在住時に公営団地の住民にカメラを向け、そのプリントをさらに撮影した作品で構成されたシ リーズ。『CANARY』は、仙台、オーストラリア、シンガポールで住民たちに取材し、導き出された「地図」をもとに、意図や作為を越えた何かをも捕獲し ながら撮影していくフィールドワーク的試み。写真集『Lilly』『CANARY』の2冊で、2008年度木村伊兵衛賞を受賞。2009年にNY ICPインフィニティアワード新人賞を獲得している。2010年には『カナリア門』を出版。 2012年、第28回東川賞新人作家賞受賞。2012年11月から2013年1月にかけて、展覧会「螺旋海岸」を開催。また、展示にあわせ、テキスト集 『螺旋海岸 | notebook』、写真集『螺旋海岸 | album』を刊行。 HP : http://www.liekoshiga.com/