木村高一郎 写真集『ともだち』
5ac1d97b122a7d2dc100171f 5ac1d97b122a7d2dc100171f

木村高一郎 写真集『ともだち』

¥3,132 税込

送料についてはこちら

著者:木村高一郎 出版社:リブロアルテ 発行日:2017年 サイズ:188 x 188 mm ページ数:76頁 デザイン:加藤勝也、金晃平 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【商品について】 木村は、布団の上で繰り広げられる3人家族の姿を俯瞰で撮影した「ことば」で、2014年度キャノン写真新世紀で佳作を受賞しました。 また同年エプソンイメージングギャラリーエプサイトで「ことば」展を開催しました。 今回はトイレでうんちをしているご自身の息子を撮影しています。 父親として自分でお尻が拭けない小さな息子に付き添い、排泄を手伝いながら、 毎回子どもが見せる千差万別の表情をカメラに収め、作品としてまとめました。 そこに写し出された息子の表情は、何とも言えずかわいらしく、無邪気さ、 一生懸命さがひしひしと伝わってきます。 「子どもって一日一日が一生懸命で、排泄をするのもその一つなのだと思うんです。 子どもにとってのうんちとは、汚いものではなく親しい仲間のようにとらえているように思える」と木村は語っています。 この写真集にはなにも難しいことはなく、老若男女、全世界の人達が楽しめるものだと思います。 我々は普段他人が排泄をする姿をあまり見る事はありません。 密室での“いきる”という行為を観察し、人間というもの観察する、そのような写真集になれば良いと考えております。 ― 出版社説明文より ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【作家プロフィール】 著者について 木村高一郎(きむらこういちろう) 1975年生まれ 千葉県出身 京都造形芸術大学 中退 【個展】 2014 「ことば」展 EPSON IMAGING GALLERY epSITE/新宿.東京 2015 「境界線」 展 Soup/落合.東京 2017 「ともだち」展 EPSON IMAGING GALLERY epSITE/新宿.東京 2018 「ともだち」展 MARÜTE GALLERY/高松.香川