図録/荒木経惟『私、写真。』
5aa2495c122a7d651a003331 5aa2495c122a7d651a003331

図録/荒木経惟『私、写真。』

¥2,160 税込

送料についてはこちら

編集:松村 円 発行:丸亀市猪熊弦一郎美術館、公益財団法人ミモカ美術進行財団 デザイン:大池 翼 撮影:高橋 章(会場写真) 協力:Pilgrim ページ数:カラー118項 発行日:2018年3月 ---------------------------------------------------- 2017年12月17日〜2018年3月25日まで、丸亀市猪熊弦一郎美術館(MIMOCA)にて開催中の、『荒木経惟 私、写真。』の図録が入荷いたしました。 展覧会情報:http://www.mimoca.org/ja/exhibitions/2017/12/17/1741/ ------------------------------------------------------ コンテンツ ①ごあいさつ ②作品図版 ・花霊園 ・恋人色淫 ・北乃空 ・北斎乃命日 ③「荒木経惟 死と生」松村 円 ④荒木経惟 略歴 ⑤作品リスト ------------------------------------------------------ ◎作家略歴 荒木経惟 http://www.arakinobuyoshi.com/main.html 1940 東京都に生まれる。 1963 千葉大学工学部写真印刷工学科卒業。電通に入社。 1964 「さっちん」で第1回太陽賞を受賞。翌年、初の個展「さっちんとマー坊」を新宿ステーションビルで開催。 1967 父、長太郎死去。 1971 青木陽子と結婚。新婚旅行を撮影した『センチメンタルな旅』(限定1,000部)を自費出版。 1972 陽子と京都に旅行。電通を退社。 1974 ポラロイドを撮り始める。母、きん死去。 1979 雑誌「ウィークエンドスーパー」(セルフ出版)連載にて、4月1日から日付入りの写真を撮り始める。8月6日、8月9日、8月15日の日付や未来の日付を故意に入れる。 1982 世田谷のウィンザーハイム豪徳寺に入居。 1990 妻、陽子死去。第二回「写真の会」賞、日本写真家協会年度賞を受賞。 1991 『空景/近景』(新潮社)刊行。 1992 初の海外での個展「ART-TOKYO 1971-1991」をグラーツ市立公園フォーラムで開催。ザルツブルグ、ロッテルダム、エッセンなどヨーロッパ各地を巡回。 1993 『エロトス』(リブロポート)刊行。 1997 原美術館にて個展「アラーキー レトログラフス」を開催。 ウィーンのヴァイナー・ゼセッションの100周年記念展として、個展「Tokyo Comedy」開催。 中川幸夫との二人展「花淫 さくら」(ギャラリー小柳)を開催。 『死現実』(青土社)刊行。 1999 東京都現代美術館にて個展「センチメンタルな写真、人生。」を開催。 2000 イタリア、プラートのルイジ・ペッチ現代美術センターにて個展「センチメンタルな旅」を開催、パリの国立写真センターへ巡回。 2002 「日本人ノ顔」プロジェクトを開始。 2003 下北沢のギャラリー、ラカメラでポラロイドの展覧会「PolAnography」を開始(毎月1-10日の10日間。現在も継続中)。 2005 ロンドンのバービカン・アートギャラリーで個展「Self. Life. Death」を開催、同名の関連書籍を刊行(ファイドン)。 『青ノ時代』、『去年ノ夏』(いずれもアートン)刊行。 2008 熊本市現代美術館で個展「熊本ララバイ」開催、「母子像」を発表。 「オーストリア科学・芸術勲章」受勲。オーストリア科学・芸術アカデミーの生涯会員となる。 前立腺癌であることがわかる。 2009 『東京ゼンリツセンガン』(ワイズ出版)、『遺作 空2』(新潮社)、『遺作 空2』(タカ・イシイギャラリー)刊行。 2010 愛猫チロ、22歳で死去。 スイス、ルガーノ美術館で個展「Love and Death」を開催。「死空」「チロ死後」などを発表。 2011 3月11日は早稲田のAaT Roomにいた。帰宅途中の車の中から「色光線」を撮影する。 新潟市より第6回安吾賞受賞。自宅で撮影した「堕落園」を安吾に捧げる。 12月31日、豪徳寺から梅丘に転居。「西ノ空」に別れを告げる。 2012 これまでに刊行した450冊以上の出版物を集めた「荒木経惟写真展 アラーキー」をIZU PHOTO MUSEUMで開催。翌年、同展にて毎日芸術賞特別賞受賞。 2014 豊田市美術館、新潟市美術館、資生堂ギャラリーの3カ所で展開する個展「荒木経惟 往生写集」を開催。「道」、「8月」、「去年の戦後」などの新作を発表。 2016 パリのギメ東洋美術館で個展「ARAKI」を開催。 2017 東京オペラシティー アートギャラリーで「荒木経惟 写狂老人A」を、東京都写真美術館で「荒木経惟 センチメンタルな旅 1971- 2017-」を開催。 *『往生写集』(平凡社・2014年)「荒木経惟 略歴」を参考に作成