【サイン本】林典子写真集『ヤズディの祈り』
599ac811ed05e63702001a51 599ac811ed05e63702001a51

【サイン本】林典子写真集『ヤズディの祈り』

¥3,024 税込

送料についてはこちら

著者:林典子 出版社:赤々舎 発行日:2016年12月31日 判型:A4変|並製| ページ数:224ページ デザイン:松本久木 ----------------------------------------------------------- 2014年8月、ダーシュ(イスラム国)に攻撃され、美しい故郷を失った民族、ヤズディ。ひとりひとりの存在に寄り添い、その祈りと願いをあらわすフォトストーリー。 シリアとイラクの国境にほど近いシンガル山に、独自の宗教と文化を継承してきた民族、ヤズディ。 
2014年8月3日、イスラム国がその村々を攻撃した瞬間から、彼らの苦難は始まる。山中に逃げ込み、暑さと空腹で衰弱する子どもたち。イスラム国戦闘員に捕らえられ「結婚」させられる女性たち。集団殺害された男性たち。 
林典子の写真は、故郷を後にした彼らの「落とし物」に目を凝らし、難民キャンプやシンガル山での日々の暮らしを静かに照らし出す(時には数ヶ月も彼らと生活を共にして)。
 
難民としてヨーロッパやアメリカを目指すヤズディもいる。コミュニティが存在するドイツへと渡った彼らひとりひとりのポートレートと、はるばると携えてきた大切なもの。 
道はここにも続き、脈々と心に在りつづける故郷の面影を写し出す。 

出来事を報道的に説明する写真は一枚もない。しかし一枚一枚を積み重ねるように撮られた写真と約60ページにわたる言葉は切実に語りかける───私たちが見るヤズディの悲劇と苦難は他人事だろうか。ひとりひとりの声と存在に目を凝らす一冊。 



 「それからの約2週間、私たちは腕を縛られながら殴られ続け、地下室に閉じ込められたまま、食事も水もほとんど与えられずに死にそうになりました。トイレ には1日1回だけ行く機会を与えられました。ここで私は一本の針を見つけました。針を手に取ると 腕に 『お父さん、お母さん、愛している』と、もう会うことができないかもしれない両親のことを想いながら、アラビア語でこう彫りました」(サラ / 文中より) The Prayer of the Yazidis The mountains are bathed by beautiful blue moon light. Right before dawn, the women living on the foot of the mountain start making bread into an earthen oven for breakfast. When the sun rises, the inhabitants pray facing the sun. Here in northwestern Iraq, the Shingar mountains, with an elevation of 1,463 meters (4,800 ft.) spread east to west, and affluent human life takes its course in harmony with nature. The people living in the Shingal mountains and surrounding villages are called "Yazidi". They have been living here protecting their own peculiar religion and traditions, which were passed down from generation to generation. 
On 3 August 2014, Daesh (Islamic State) started attacking Yazidi villages and towns in Shingal. Since then, it is believed that Daesh has murdered about 5,000 and abducted a further 6,000 Yazidis. Women are subjected to sexual, physical and physiological violence. Their peaceful life was suddenly taken away from them. 
 The Prayer of the Yazidis, portraits the stories of Yazidis in Iraq and Germany who fled their homeland following the siege and massacre carried by Daesh, and touches upon issues of trauma, identity and collective memory. It is a compilation of photographs and personal testimonies written in Japanese, English, German and Kurdish languages. "For two weeks, we were incarcerated in the basement and almost starved to death. I found a needle there. I took it and thinking about my parents carved in my forearm "Dad, Mom, I love you". (Sarah) (出版社説明文より) ------------------------------------------------------- 【著者プロフィール】 林典子 | noriko hayashi 1983 年生まれ。大学在学中に、西アフリカ・ガンビアの地元新聞社、ザ・ポイント紙で写真を撮りはじめる。 
「ニュースにならない人々の物語」を国内外で取材。米ワシントン・ポスト紙、独デア・シュピーゲル誌、仏ル・モンド紙、デイズ・ジャパン誌、米ニューズウィーク、マリ・クレール誌(英国版、ロシア版)など、数々のメディアで作品を発表。著書に、『フォト・ドキュメンタリー 人間の尊厳 ̶̶ いま、この世界の片隅で』(岩波書店)、『キルギスの誘拐結婚』(日経ナショナル ジオグラフィック社) 【受賞歴】 
2011年 第7回名取洋之助写真賞 
2012年 第8回DAYS 国際フォトジャーナリズム大賞1位 
2013年 米アレクシア写真財団写真賞ファイナリスト、フランス世界報道写真祭「ビザ・プール・リマージュ」特集部門最高賞「ビザ・ドール(金賞)」 
2014年 全米報道写真家協会(NPPA)「フォトジャーナリズム大賞」現代社会問題組写真部門1位 
2016 年 第16回三木淳賞受賞 2017年 第4回山本美香記念国際ジャーナリスト賞 2017年 第17回石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞 文化貢献部門 大賞 ----------------------------------------------------------- EXHIBITION| 林典子写真展 「ヤズディの祈り」 [会期]2017年11月18日(土)- 30日(木)会期中無休 [時間]12:00-19:00/土日祝 10:00-19:00 [入場料]無料 [作家在廊日]11月18日(土)- 23日(木・祝) http://book-marute.com/2017/10/28/exhibition-1118-30 EVENT| ◎林典子 オープニングトーク 2017年11月18日(土)19:00〜20:30 参加費 1,000円(1ドリンク付) ご予約はコチラ▷https://goo.gl/forms/KH5bAVTfM8JyiTry2 取材の当時の様子や制作時のお話。写真集刊行後の今も、イラクに戻る人々や、ドイツやアメリカの亡命先で暮らすヤズディの人々の生活を、取材をし続ける林さんにお話を伺います。是非、ご参加くださいませ。